スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページに最適なキーワード出現率とは?


検索結果の上に表示されるためには該当するキーワードを多く使用していた方が
より関連のあるページと判断されるため、上位表示されやすくなります。

しかし、キーワードを多用しすぎると今度はスパムと思われ
検索結果に表示されないということが起こります。


GoogleやYahoo(特にYahoo)ではある一定上にキーワード率になると
検索結果から末梢されてしまうといったことが起きます。
(なお、補足として検索結果からの削除は他の要因も考えられます)

Yahooでは検索結果から削除されてしまうことを
TDP(トップページダウンペナルティ)と呼んでいます。

詳しくは以下のサイトを参照してください。
SEO分析ブログ~Yahoo!GoogleのSEO対策~
SEO対策ブログ【SEO初心者のEvoブログ】

ではどの程度のキーワード出現率であればスパムとして判定されないかというと
実際にTDPを受けたサイトさんによると5%以下にするとペナルティが解除された
らしいです。

ですので各記事5%以内を目安として下さい。
(TDPはトップページだけではなくてサブページももちろんペナルティを受けますので
しっかり対策を行うようにして下さい。)

ではどのようにして出現率を数えるのかと疑問に思った方もいるでしょう。
それについては便利なツールがネット上で公開されています。

それがキーワード出現率チェッカーです。
以下のサイトでキーワード出現率を調べたいサイトのURLを張り付けて実行してみてください。
FC2 SEO対策 - キーワード出現率チェッカー

試しに自分のトップページを調べてみました。
キーワード出現率チェッカー


結果が5%を超えているものが一つ以上ある場合は危険だと思って下さい。
スパム判定されてしまう可能性があります。
もちろんトップページの場合は記事を更新することにより出現率が大きく変わるため
定期的にチェックするようにして下さい。

表示されたパーセンテージは記事を修正することにより増減するので
全ての項目が5%を超えることの内容にして下さい。

一度検索結果に表示されなくなると3ヵ月程度はインデックスの
更新が行われず相当な影響を受けることになるので対策は必ず行うようにしましょう。

テーマ : 初心者のアフリエイト
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新の記事
カテゴリー
便利サイト

Yahoo!メール
gooメール
Yahoo!オークション
YouTube
mixi ミクシィ
Wikipedia
ブログサイトリンク集

お小遣い検索
過去ログ
全記事一覧

全ての記事を表示する

RSSフィード
相互リンク
フリーエリア


人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。